1. トップページ
  2. ワセリンのデメリットを打ち消すコツ

ワセリンのデメリットを打ち消すコツ

【ワセリン愛用歴】1年弱40代・女性

ワセリンを使っていて毛穴がつまるようなことは、私はありません。その他のトラブルもありません。ワセリンは何種類もあるので、それらの特徴を知ってから使ってみるといいかもしれません。私はそういうことをせずに使っていますが・・。

【ワセリン愛用歴】8年30代・女性

ワセリンというとやはりテカりが期になる所ですが、一番の予防は付けすぎないということだと思います。どうしても、早く潤ってほしいと思い、たっぷり塗りたくなると思いますが、指先にほんの少量でしっかりと馴染ませることが出来るので、付けすぎないことがテカらないコツだと思います。

【ワセリン愛用歴】1年30歳・女性

ワセリンを使っていて特に不自由を感じたことはありません。毛穴が詰まる、肌のテカりを感じたこともありませんが、これは肌質の問題もあるかもしれません。どちらかというと乾燥から肌トラブルにつながることが多いので、ワセリンは純粋に肌の水分を守るものになっていて、余計な油分にはなっていないと思われます。

【ワセリン愛用歴】3年40歳・女性

ワセリンを使うと、確かにテカテカすると感じます。そのため、そのテカテカが気になる時には、外出をしません。自宅にいるときも、肌の乾燥が気になるので、その時に使うことにしています。すると、翌日の肌も調子がいいです。

【ワセリン愛用歴】3年22歳・女性

毛穴汚れに関しては、洗浄用のブラシなどが高価で売っていますが100円均一に売っている洗浄用ブラシの効き目は高価なものと変わりなくオススメです。3日に1回くらいでも変わってきます。またテカリはワセリンを塗る前に肌をティッシュオフするといくらか変わってきます。

【ワセリン愛用歴】2年40代・女性

もともと混合肌でTゾーンがテカりやすいのですが、ワセリンが毛穴に詰まったりそれがテカリの原因になったことはありません。気をつけていることは肌や手をよく温めてからスキンケアをするということです。油分は肌や手が冷えていると固まりやすく、また化粧水のような水分とも混ざりにくく、伸ばすときに力が入って肌を傷つけます。手や肌を温めると、しっかりなじんでくれます。毛穴詰まりの原因も、ワセリンも肌も冷たいままで、肌になじんでないからではないでしょうか。

【ワセリン愛用歴】1年30代・女性

特に、毛穴に詰まってしまったりテカってしまったりという経験はありません。口元や目元などの乾燥しやすい部分にだけ使っているのが良いのだと思います。ワセリンは他のクリームなどと比べると若干ベタつくような感じがあり、かなり保湿効果があるので、おでこや鼻などの毛穴の多い部分は避けて、乾燥が気になる部分にだけ付けるのが良いと思います。

【ワセリン愛用歴】4年40歳・女性

顔に使うとやはり毛穴に詰まってニキビができてしまうきがしますので、ボディへの使用にとどめています。お風呂上がりに水気が少し残っている状態で、肌に良くなじませると、薄くするすると肌に伸びていくので、テカリは気になりません。

【ワセリン愛用歴】10年40代・女性

一番の欠点だと思いますが、ワセリンを使っている手でモノを触ると指紋が付いてしまって嫌がられてしまいます。鏡やスマホの画面など。紙も油分がついてしまって、私は気になりませんが、他の方は指紋が付いていると気になると思います。他人の物を借りるときは手に塗った直後などは触らないよう気をつけようと思います。

【ワセリン愛用歴】4年30代・女性

ワセリンを使っていて困ることは私自身はあまり感じませんが、やはり少しべたつく、テカるといったことはあります。寝る前に使用することが多いのでべたついたりしても特に気にはせずそのままです。朝使用したいときは使用料を抑え目にしています。

Copyright (C) 2017 ワセリンがあれば十分!最高のスキンケア方法 All Rights Reserved.