1. トップページ
  2. ワセリンでないとダメな理由

ワセリンでないとダメな理由

【ワセリン愛用歴】1年弱40代・女性

ワセリンのことを知ったのは、プチプラのスキンケアという記事を読んだときです。確かにプチプラで効果を感じます。ワセリンを塗るようになってから肌の乾燥が以前よりは少なくなりました。他のプチプラのスキンケアよりも効果があります。

【ワセリン愛用歴】8年30代・女性

他のクリームや保湿液よりも、ワセリンはコッテリとしていて、よく肌に馴染むので優れていると思います。水仕事の前に塗って、手の水分を逃がさないようにコーティングすることも出来るので、手荒れ防止にとても役立ちます。

【ワセリン愛用歴】1年30歳・女性

肌にかかる負担がほとんどないことからワセリンを使用しています。市販のクリーム等ですと、敏感肌なので肌が荒れてしまうこともありますがワセリンは大丈夫です。手を切ったときに病院で傷口にワセリンを塗ってくださいといわれて、ワセリンって負担が少ないのだなあ、と実感したことがワセリンとの出会いです。

【ワセリン愛用歴】3年40歳・女性

ワセリンの場合は、しっかり保湿ができると感じます。実際につけていると、夜につけて朝まで乾燥することなく、肌がしっとりしています。そのため、ワセリンがやっぱりいいと思うのです。以前は乳液をつけていましたがやめています。

【ワセリン愛用歴】3年22歳・女性

もともと、口周りの乾燥が酷く、市販の保湿クリームやパックをしてみたり、リップで試してみたりしましたが、どれもワセリン以上の効果はなかったため、長年ワセリンを愛用しています。比較的敏感肌なのですが、ワセリンとの相性がよく、肌トラブルも起こっていないため重宝しています。

【ワセリン愛用歴】2年40代・女性

他のクリームやオイル、ホホバオイルやシアバターを使っていたこともありますが、肌断食でワセリンが推奨されていると聞き、肌断式をしているわけではありませんが使ってみたくなり、現在お試し期間中です。他のオイルなどに比べて油焼けしにくいと聞いたこともあります。なじみもよく、化粧水の後にしっかり油分を補ってフタをしてくれます。一本でいろんなケアに使えるのも選んだ理由です。

【ワセリン愛用歴】1年30代・女性

肌に優しい所が気に入っています。私は唇が荒れやすく、肌に合わない化粧品を使うと、すぐに唇の皮がむけてしまいます。一度唇が荒れてしまうと、どのリップクリームを使用してもなかなか改善しないのですが、ワセリンを使用し始めた所、1日で荒れや痒みがおさまりました。それに感動して、唇だけでなく、顔全体のスキンケアに使用するようになりました。

【ワセリン愛用歴】4年40歳・女性

ワセリンは量を気にせず、使えるからです。他のボディ用のクリームはニオイが強すぎるような気がしてあまり使いたくありません。小さなこどもがいるのですが、自分の保湿と子どものスキンケアをいっぺんに終わらせてしまうことができるのも、ワセリンの魅力だと思います。

【ワセリン愛用歴】10年40代・女性

トイレに行ったあと手を洗ってもヌルヌルしないところが良い。保湿に関しての製品には必ず入っている成分?素材なので、安心だからワセリンが好きです。唇につけても安心ですし、髪のケアにも時々使っています。体の好き分を逃がさない等にパックしてくれる感じが好きです。

【ワセリン愛用歴】4年30代・女性

ワセリンは保湿力に優れているように感じるので、冬場でも夜塗っておけば朝起きた時にがさがさになるということがほとんどありません。それからワセリンはドラッグストアですぐ買えること、効果の割に安いことでコスパもとてもいいと思っています。

Copyright (C) 2017 ワセリンがあれば十分!最高のスキンケア方法 All Rights Reserved.