1. トップページ
  2. ワセリンの効果的な使い方

ワセリンの効果的な使い方

【ワセリン愛用歴】1年弱40代・女性

ワセリンを1番使うのはリップケアですが、顔のスキンケアにもほぼ毎日使っています。顔へは薄く塗って、肌になじむように顔を温める、これだけです。お風呂上りに塗ります。ワセリンを塗る前に化粧水をつけています。

【ワセリン愛用歴】8年30代・女性

夜のお風呂上りに化粧水を付けて、保湿パックをし終わった後にワセリンをしっかり塗り込むようにしています。冬場の水仕事等での手荒れの酷い時にも、ハンドクリームではなく、ワセリンを塗って保湿をたもっています。

【ワセリン愛用歴】1年30歳・女性

朝は洗顔後、肌の乾燥が気になる部分にちょんちょんとつけています。肌の調子がよければ何もつけないで終わることもあります。夜はお風呂上りに目元、口元は多めにつけて、あとは薄く全体に伸ばして使っています。べたべたしない程度に使用しています。

【ワセリン愛用歴】3年40歳・女性

私がワセリンを使っているのは毎日ではなく、体でかゆみがあるところと、顔の一部分に使っています。体は足が多いですね。乾燥をした時に、塗ることにしています。顔は、口の、周りを塗って乾燥を防ぐことにしています。

【ワセリン愛用歴】3年22歳・女性

朝起きて洗顔後、化粧水や乳液をした後、口周りにワセリンを塗ります。それから化粧を始める形です。また、日中も口周りや?など乾燥が目立ってきたら逐一塗る感じです。夜はお風呂上がり、化粧を落として化粧水や乳液の後に顔の乾燥部に塗り、かかとなど乾燥が目立つところにも塗っています。

【ワセリン愛用歴】2年40代・女性

洗顔後、化粧水を付けた後に、ワセリンを少量手に伸ばして、軽く顔全体にのばしています。気になる目元には少し多めに付けます。唇も一緒にケアします。その後、首、肘やひざ、すねの乾燥が気になる足などにも塗ります。手に残ったワセリンを髪に付けておしまいです。

【ワセリン愛用歴】1年30代・女性

お風呂上りや洗顔後に、顔の保湿のために使用しています。まず化粧水を顔全体につけて、その後にワセリンを目元や口元などの乾燥が気になる部分につけています。また、リップクリーム代わりに唇にも塗っています。私は乾燥肌ですが、洗顔後のスキンケアはこれだけで十分です。

【ワセリン愛用歴】4年40歳・女性

入浴後水気を軽くとってから、手と足を保湿した後にワセリンを薄くのばしています。

【ワセリン愛用歴】10年40代・女性

お風呂上がりすぐに全身につけます。夜は寝る前に乾燥が気になるかかとや膝、手にたっぷり塗ってから就寝するようにしています。手に関しては乾燥が気になったら化粧水(安いもの)を手につけた後にすぐ塗ります。なので、家中にワセリンが置いてあります。洗面台やキッチン、トイレなど。

【ワセリン愛用歴】4年30代・女性

ワセリンはお風呂上がりのスキンケアで使用することが多いです。化粧水、乳液を塗った後に唇とほうれい線や目の下のしわ部分、他に乾燥が特に気になる部分に使用しています。冬場は体にも乾燥が気になる部分に塗るようにしています。

Copyright (C) 2017 ワセリンがあれば十分!最高のスキンケア方法 All Rights Reserved.